水道修理の手順

水道修理の手順 水道からの水漏れが起きている時にはどのような手順で修理をするのがいいのでしょうか。水のトラブルをできるだけ最小限にするために適切な手順を心得ておくようにすることが肝要です。不明の点は遠慮なく業者に相談してみてもいいでしょう。

■最初にすること

まずは、水回りの配管に使われているネジの緩みを確認してみるといいでしょう。ネジに緩みがある場合には、工具を使って締めなおして見ると状況が改善することがありますのでお勧めです。配管部分に使われている黒いゴム製のパッキンが破損している可能性も考えられます。劣化してしまったパッキンを新しい物にすれば同様に症状が改善します。パッキンの交換をする場合には、必ず水道の栓をしめてから行うことが必要です。ネジやパッキンを確認してみてもトラブルが解消しない場合には、例えば蛇口 交換などのケアが必要になります。交換の場合には、自力で解消することはできませんので、専門の業者に修繕を依頼することが必要になります。業者を選ぶ際には、速やかに対処してくれる業者を選ぶことが肝要です。年中無休タイプの業者であれば、どんな状況でもすぐにコンタクトすることができますので、お勧めです。

■業者の探し方
水回りの回復をお願いするための業者は、ネットサイトを検索すれば簡単に見つけることができます。例えば自宅の周辺に水道業者が無くても心配ありません。出張サービスをしてくれる業者が非常に多く存在しています。年中無休の業者もあり、お休みの日でもすぐに連絡できますので非常に快適です。すぐに現場に来て状況の確認をしてもらえるのでしたら、それに越したことはありませんが、難しい場合には、応急手当の方法を確認しておくと良いでしょう。水漏れ箇所にテープを貼ると一時的に水の流出を止めることができますので非常に便利です。業者が現場に来たら、どのように直すのか相談してみるといいでしょう。軽度のトラブルである場合には自力で修理をすることが出来ることもあります。しかしながら、自力で修理をする場合にも必ず正確な方法で修理を進めなくてはなりません。その点は注意が必要です。間違った方法で修理をすると更に大きなトラブルになってしまうこともあります。
現場を業者に確認してもらったら、見積もりを用意してもらうことが肝要です。見積もりの内容を十分に理解納得してから実際の工事をスタートしてもらいましょう。水道の修理工事は半日ほどで終わるものですので、十分に時間をかけて業者を相談をしておきます。追加費用の発生の可能性も確認しておくことも必要です。

■水回り全体の確認も必要

水回りのトラブルが起きた場合には、家の中にある配管からの水漏れをすべてチェックしておきます。壁の中や床下にも水回りの配管は存在していて、そこから水漏れをしている場合には、家屋が腐食してしまう場合もでてきます。家のリフォームが必要になってしまうと莫大な修理費用となってしまいます。配管の詳しいチェックはプロの業者でなくては行うことはできませんので、業者に依頼をすることが肝要です。

■まとめ
水道の水漏れトラブルが起きた場合には、軽微のトラブルであるかどうかの確認をすることが必要です。軽微なトラブルであれば自分で修理を進めていくことができます。自分では修理をすることが出来ない大掛かりなトラブルの場合には、水道業者に連絡をして必ず現場を確認してもらってから、修理をスタートすることが肝要です。見積もりの内容を確認しながら、納得のいく形で業者に仕事を依頼することが必要です。併せて、家屋へのダメージを回避するために、水回り全体のトラブルの有無を業者に確認してもらってもいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース